私は過去に何度か転職した経験を持っている。
今でこそ転職することが珍しくなくなったが、数十年前はあまり多くはなかったかもしれない。
学校を卒業してどこかの企業に入ったら、定年するまでほとんどの方が務めあげていた。
もし辞めるとしても、結婚や出産、会社の倒産、起業などを理由にすることが多かったような気がする。
もしかしたら、田舎だからそうだったのであろうか。
詳しくは分からないけれど、確かに転職はそんなに身近では無かったような気がする。
しかし、いろんな会社がある。
本当に様々あり、どうしても合わない場合もあるのだろう。
働いてみて初めて気がついたり知ることもあった。
自分の能力が不足しているため、働き続けられないということももちろんあるのだろうが、果たして転職する本当の理由など本人しか知らない。
転職活動は、本当に苦労するものだ。
時間もかかればお金もかかる。
精神も擦り切れるし、靴底だって減りっぱなし(笑)
私にもそんな経験があった。

就職、転職、通勤と

勤怠管理の費用逓減策
勤怠管理システム導入に高い見積りを出されている企業様に買い切り型ツールの提案
biz-work.jp/

働くこと、生きることは過酷な事、大変な事。
そう何度も聞かされて育ってくれば、それを誰もが信じてしまう。
しかし、本当は生きることも働くことも、大変ながらも喜びもハッピーも見つけられる。
自分がいる場所さえ間違わなければ、いくらだって素敵なことが見つけられる。
だから、現在なかなか転職できずにいる方も、信じていっぱいチャレンジして欲しいと思う。
そして、次にどこか働き場所を見つけられたら、真剣に取り組んで欲しいと思う。
真剣に丁寧に仕事をすれば、どんな仕事でも不思議なものでオモシロくなるから。